ショア

UC96ft(セパレートグリップ)(スピニング)Sold Out

uc031
uc031
uc031
uc031

いままでのUCとは少々ニュアンスの違うロッド。
ゆっくりしたモーションで思いっきり遠投するタイプのロッドで、通常のスリップオーバーモデルのようにパンチ力で投げるのが苦手な方でもスッキリ振ることが可能です。

フィネスな傾向にある近年の釣りを念頭に、小型プラグも使いやすく同時にバットパワー等、大型魚にも耐えれる、ある程度の汎用性を持たせています。

フィーリングでは96ftのほうがやわく感じますが、パワー的には85proと同等です。

●2017リファイン版の特徴

前モデルはnano素材構成でしたが、2017モデルはティップセクションを40tカーボン構成にリファインしております。

これによってキャストコントロール性が上がり投げやすくなります。
細ブランクのダヨーン感も少なくなり素材の良さが感じられるモデルになっております。

キャストフィールは良くなりますが若干ながらロッド限界強度は下がります。
当社の標準内ではありますので特に問題はありません。

大きいプラグをメインで考えられている方、もしくは折れが気になる方は80PROや85PRO等のロッドを検討くださる方が宜しいかもしれません。

加重に対してのベンドは新旧ほぼ変わりませんが振込みに対する先軽い感じは大きく変化しています。
より細かく使えるようになっているという方がよいかもしれません。

94ftと96ft迷われる方のためにそれとの比較を書いておきます。

基本、テーパーが94と96では違います。

96のほうが細身にあがっています。
下のようにテンションをかけてゆくと94は先調子でティップが先に曲がり始めて2キロぶら下げる頃にはトップ自体はある程度曲がりきった状態になりバットに受けを感じます。
94と96では先にティップが死ぬのは94です。

一方、96は全体に受ける感じでトップもある程度残っている感じです。
つまり94のほうが先調子、96がややスロー気味という状態ですが限界自体は96の方が高いと思います。
ティップも含めて96の方がキャスト力はあると思いますが軽いものだけをキャストするならやや94の方が投げやすいかもしれません。
ベイト仕様にするなら94の方が投げやすいと思います。
アベレージキャスト自体は96の方が性能が高いといえると思います。

画像付説明はこちら↓
FCLLABOオフィシャルウェブサイト製品説明へ

レングス 9ft6in
自重 約185g
セクション 印籠継ぎ2ピース
仕舞寸法
キャストウェイト Max 70g
推奨リールサイズ ダイワ3000番
推奨ライン PE2号
ガイド設定
リールシート DPS18 アップロック
フォアグリップ
リアグリップ
リールフットからトップまでの長さ
リールフットからエンドまでの長さ

在庫状態 : 売り切れ

定価  ¥53,000(税抜)

販売価格  ¥57,240(税込)

SOLD OUT